【集客編】サークルメンバー募集無料掲示板「スポーツやろうよ!」を活用する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「0から地方で社会人イベントサークルを立ち上げ半年で25名以上参加してれるようになるまで。」の集客編です。前回はLINE@を利用した運用方法を説明しました。

【運用編】LINE@でメンバーを管理する

今回は集客方法の説明になりますが、リスティングや広告などの出稿はまったくやっていません。
理由は単純に「告知するお金がない!」のと、「興味ある人が自分から探してきてもらいたい!」の2つになります。

表示される場所を意識して更新する

流入経路でもっとも多いのがこちらのサークルメンバー募集掲示板「スポーツやろうよ!」です。

スポーツやろうよ!


スポーツやろうよ!
http://www.net-menber.com/

実際にイベントに参加してくれたメンバー一人一人に「どうやってこのサークル見つけたんですか?」を聞いているのですが、半数以上がここからの流入でした。

参考までにsimilar webでしらべたところ月間10万ユーザー近く(PCユーザーのみ)訪問があるようです。しかもだれもが無料でページ作成ができるので、利用しない手はないですね。

必要情報を記入するだけでOK

必要情報を記入するだけでOK

さくっとアカウントを作り、募集ページに掲載する文章を入力するだけで完了。

ただ、他のサークルも複数あるので、募集ページをクリックしてもらうためにいくつか工夫する必要があります。
見せ方で工夫しているポイントはこちらです。

  • 目にとまる写真を掲載する
  • 「活動時間」に1行に要約した次回開催イベント情報を掲載
  • 「連絡事項やアピールポイント」に次回開催イベント情報詳細を掲載

まだまだ工夫する点はあると思いますが、
このおかげか表示回数順(サークル検索機能で表示回数が多い順に表示させることが出来る)ではつねに私のサークルが1番をキープしています。(2016年1月7日現在)

目にとまる写真を掲載する

サークルを探す際、楽天の商品検索結果のように一覧でサークルが表示されます。
そこで情報の一部が掲載されるのですが、もっとも重要になってくるのが掲載している写真です。
ウェブ上ではどうしても目が画像に流れます。そこからどれだけ興味を持ってもらえるかが勝負です。

以前楽天サイトの運営に携わったときに商品画像からクリックへ誘導させる施策をいろいろと試したのが懐かしいです。

赤背景に「ゆ」の暖簾。かなり浮いています。

赤背景に「ゆ」の暖簾。かなり浮いています。

ここで「なにこれ?」と思ってもらえれば目的達成です。

「活動時間」に1行に要約した次回開催イベント情報を掲載

画像に注目が行った後は活動内容のアピールです。
画像だけではまだクリックしてもらえない可能性が高いので、一覧表示で情報を的確に伝えることが大切です。

私のサークルはイベントサークルなので、活動日が不定期です。
そうなると活動時間の項目には「月に2回ぐらい」や「土日」などざっくりとした日程を記載するのが通常です。
ただそれだとまったくユーザーに活動状況が伝わりません。イベントを探しているのなら欲しい情報は「活動はしているの?次はいつ開催するの?」だと思います。そのため必ず、次の開催情報を端的に記載するようにしています。

例えばこんな感じです↓
【第12回】【LINE登録200人突破!?】金曜日ぬるまゆ会開催!『や台ずし』(岡山駅近く)@1月29日(金)

「月に2回ぐらい」や「土日」と比べて活動している感と安心感を与えることが出来るので、より興味を持ってくれます。ページも更新さえるので上位に表示されるようにもなりますね。

活動時間に次回イベント情報を伝える

活動時間に次回イベント情報を伝える

「連絡事項やアピールポイント」に次回開催イベント情報詳細を掲載

活動内容で興味をもってもらえれば、非常に高い確率でイベント紹介ページをクリックしてくれます。
その勢いを失わさせないように、より詳しい情報を掲載します。

注意点としてよく外部サイトに誘導するためURLだけ掲載しているサークルがあるのですが(誘導されても外部サイトのトップページに行きよくわからないことも多数あり)それだとユーザーに手間を与え勢いを失わせてしまいます。なので、申込みしてもらうまでは極力外部サイトに行かずに完結できるようにしています。

25e6b871fa6d6141e276106abab9324c

詳細情報を記載

そして、お申込みの前にワンクッションとしてLINE@への友だち登録。
「まだ気持ちが決まらないないのでとりあえず友だちから。」という方とも繋がれるようになります。

まとめると
「写真で注目」→「活動内容で興味を引き立てる」→「詳細で参加させたくさせる」→「LINE@で友だちから」→「行きたいなったらお申込み」の流れです。

定期的に更新をする

スポーツやろうよ!」のサイトの作りが結構シンプルな仕組で、
最初に表示されるのが「更新順」のためページの更新をすると一番上に表示されるようになります。まさにSEOいらずです。
他のサークルの方たちももちろん知っているので、みんな頻繁に更新します。
そのおかげで「スポーツやろうよ!」のサイトアクセスも上がっているのかと思います。

2016年3月1日時点では「更新順」で最初に表示されるのではなく「関連度」で表示されるように仕様が変更されています。単純に更新するだけでは上位に表示されなくなりました。

質問・応募への素早いレスポンス対応

ネットショップを運営している場合であれば当然なのですが、
サークルでもこの対応ができれば、かなりの好印象だと思います。

サークル詳細ページの一番したにコンバージョンとも入れる「応募する」「質問する」の2つのボタンがあります。

1341451f28c39d4b42bfec7743343ba0

質問するはボタンは当然なのですが応募するボタンも同様にメッセージを送ることも出来ます。
(応募するで質問される方も結構います。)
そのメッセージが送られてきたら出来ればすぐに、遅くてもその日中に返信するようにしています。
メッセージを送った時がユーザーのもっとも興味が高いときです。
そこですぐにレスが返って来れば不安から安心へ一気に急上昇ですよ。

そのほかの社会人イベントサークル立ち上げに関連する記事はこちらになります。

【運用編】LINE@でメンバーを管理する

【構築編】WordPressのテーマで簡単サイト構築

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。