【構築編】WordPressでイベント掲載サイト構築

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

サークルサイト構築にはwordpressを使用しています。
オープンソースなので無料で手に入るし、プラグインも多く手軽にサイトが構築出来るので、重宝させてもらっています。今回はイベント掲載サイトの構築として活用してみましたので、興味有る方はご参考までに。

wordpress-logo-hoz-rgb

サイト構築3点セットの準備

サイトを0から構築するためには下記3つの準備が必要です。

  • ドメイン
  • サーバー
  • データベース

ここはメインの話ではないので説明を省き、準備できたものとしますが、
参考までにwordpressを導入するのにオススメのレンタルサーバーを紹介します。

さくらのレンタルサーバ

http://www.sakura.ne.jp/

とりあえずスタートさせたいのであればまずはこのレンタルサーバーですね。
金額も安いし、2週間のお試し期間は嬉しいです。

レンタルサーバーのWADAX

http://www.wadax.ne.jp/

さくらのレンタルサーバーと比べると金額は高めですが、なんといってもサポートがしっかりしているのが魅力。
土日祝も電話対応しているので、休みの日のサーバーダウン時も安心です。(サーバーダウン自体安心できませんが・・・。)

コアーサーバー

http://www.coreserver.jp/

激安多機能のレンタルサーバーです。
テストサーバー用として非常に重宝させてもらっています。

テーマの準備と反映

今回のサイトに使用したテーマはこちらになります。

screenshot

the box
https://ja.wordpress.org/themes/the-box/

このテーマの決め手はまさに

  • 無料
  • レスポンシブ対応
  • シンプル

なところです。

レイアウトとデザインの調整

本来であればサイト制作を行う前に、「ワイヤーフレーム」といってエクセルやパワーポイントもしくは手書きなどでサイトの形がなんとなくイメージできるラフスケッチを作成します。
今回はこのサークルを求めている人がいるかやってみないと分からないので、あまり時間をかけず最初のテーマをそのまま利用しています。
ただ、KPIとしての「LINE@への友だち追加」と「Facebookページのいいね!」の誘導は目立つ位置(左ナビゲーションの一番上)に配置しています。

因みにゴール設定は「イベントへのお申し込み」となります。特に目標値は決めていないですが、20名前後ぐらいで考えていました。今更ですがゴール設定は必ずサイトを設計する前に考えておきましょう!

固定ページを作成

これで記事さえ書けば公開はできるのですが、その前に訪れたユーザーをゴール(イベントお申し込み)に向かってもらうためには少しでも安心できる情報を用意する必要があります。複数で集まるにしても「ネットからの出会い」には変わりはないので、興味がある人が来ても参加するまではかなり警戒しているはずです。(現に参加してくれた方に「数か月前からチェックしてたんですがなかなかいく勇気がなくて。」という方が結構いました。特に女性ですが。)

取り急ぎすぐ準備できる安心要素ページとして

  • サークル紹介ページ
  • よくある質問ページ
  • お問い合わせページ

を準備しました。本来であればお客さんの声や過去開催したイベントの様子などを掲載したいところですが、一度もイベントを開催していないので、ここは開催後掲載するようにします。(やはり初回開催はまったく人が集まりませんでしたが、少人数でも開催を繰り返し、過去イベントの様子を掲載していくうちに参加お申込みが徐々に増えてきました。)
ここまでは、あまり技術的な話がないので、文章を用意すればスムーズに作成はできると思います。
ここからはwordpressのプラグインを導入するなど、ちょっと工夫をしながらサイトを構築しています。

記事ページをイベント投稿形式にカスタマイズ

wordpressはブログのように過去の出来事を投稿するように作られています。
予約投稿という機能はありますが、あくまで予約なので、指定日が来ないと記事が表示されません。
そこで、少し強引ですが、下記プラグインを入れてイベント投稿対応にカスタマイズしました。

  • No Future Posts
  • Post Types Order
  • Advanced Category Excluder

No Future Posts

さきほど予約投稿は指定日が来ないと記事が投稿されないと書きましたが、
このプラグインを入れるだけで予約投稿でも記事が表示されるようになります。
予約投稿の日付をイベント開催日に指定して投稿するだけでOKです。
post-new.php

wordpressの機能で投稿日とカレンダーは紐付いているので
カレンダーの日にちからでも各イベントページに遷移することもできます。
カレンダー機能はwordpressの初期機能としてウィジェットから表示できます。

カレンダー

プラグインはこちら
https://ja.wordpress.org/plugins/no-future-posts/

Post Types Order

予約投稿で未来のイベント情報も投稿できるようになったのは良かったのですが、
複数イベントを投稿したとき、ブログ形式なのでトップページは日付の新しいもの順に表示されます。
そうすると、開催日が遠いイベントから表示されるので、開催日が近いイベントが下になってしまいます。
本来であれば、開始日が近いイベントから見てもらうのがユーザーとしても投稿側としても求めている表示順になります・・・。
そこでそんな悩みを解決できるのが「Post Types Order」です。
このプラグインを利用することで掲載する順番をドラッグで自由に移動できます。

edit.php

手動なので記事を公開ごとに順番を移動する手間がありますが、
投稿している記事数が少なければあまり気になりません。

プラグインはこちら
https://ja.wordpress.org/plugins/post-types-order/

Advanced Category Excluder

次に考えないといけないのが、イベントが終了して過去のイベント記事になった場合です。
そのままにしておいても問題はないのですが、出来ればトップページに一覧として表示されるのは募集中のイベントだけしておきたいです。その方がユーザーのミスクリックを減らせれます。
そこで導入したのが「Advanced Category Excluder」です。これはページごとに表示させたくないカテゴリを設定することが出来ます。なので今回はトップページに「過去開催したイベント」カテゴリに登録された記事は非表示にする設定しました。そうすれば、トップページは募集中のイベント記事のみ表示されるようなります。

プラグインはこちら
https://wordpress.org/plugins/advanced-category-excluder/

イベントの投稿

ここまで出来ればあとはイベント記事を投稿するのみです。
イベント記事で注意している点も共有しておきます。

  • アイキャッチ画像はお店の綺麗な写真を利用させてもらう
  • タイトルだけで内容・場所・日時を伝える
  • ページごとにコンバージョンポイントを準備する

アイキャッチ画像は目が惹かれる写真を利用する

41718793-600x336

なかなか惹かれる写真を自分で準備するのは大変ですので、イベント会場のお店が撮影しているキレイな写真を利用させてもらってます。お店の自社サイトやホットペッパーのような飲食まとめサイトに良い雰囲気の写真が掲載されていますので、その写真を使わせてもらいます。
注意する点として「画像引用元」としてイベントページの下に画像を利用させてもらっているページのURLは貼るようにします。

他サイトからの画像を勝手に引用するのはダメなのですが、よくまとめ記事などで「引用元」を正しく明記することでグレー(ホントはダメかもしれないけどなあなあになっている)としているページが増えています。
ですが削除要請があった場合は直ちに消すようにしましょう。

あとは、下記無料素材サイトでもよい感じの写真が多数提供されていますので、たまにそちらも使ってます。

写真AC
http://www.photo-ac.com/

ぱくたそ
https://www.pakutaso.com/

タイトルだけで内容・場所・日時を伝える

単純にタイトル見ただけで内容が分かれば、クリックする手間が省けるのと、あとはソーシャルサービスで紹介された時も意識しています。
たとえばFacebookではこんな感じで写真とセットでタイトルが表示されます。

d5fa0844c32d02601813c4b5e51242a2
写真とタイトルが興味を惹かせるのにもっとも重要な要素となります。
紹介される場所によっては最初の数文字しか表示されないので、魅力あるキャッチを頭にいれるのも効果的です。(例えば13文字しかキャッチが表示されない場合「うまッ!本格焼肉と飲み放題」とか)

ページごとにコンバージョンポイントを準備する

これも当然なのですが、ページごとにゴール(イベントお申し込み)を準備します。
このイベントでは「イベントのお申し込み」がゴールですが一歩手前の「LINE友だち登録」でもOKです。

LINE@の運用はこちらの記事を参考

以上がイベント掲載サイトをwordpressで構築するやり方になります。
あとは魅力あるイベントを継続的に開催していきます。実はこれが一番大変だったりしますね。
ざっくりとした説明ですが、ご参考になればと思います。

そのほかの社会人イベントサークル立ち上げに関連する記事はこちらになります。

【運用編】LINE@でメンバーを管理する

【構築編】WordPressのテーマで簡単サイト構築

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。